補助金制度があるから安心|液状化対策をサポート

井戸のメリット

井戸

井戸工事をするメリットには災害時の生活用水として使えることがあります。停電すると電動ポンプは使えないため、手動と併用できるタイプを取り付けるのも良いです。また、多くの人々が思っている以上にスペースは必要ありません。

もっと見る

住宅建築は地盤が大切です

工事

住宅建築において地盤調査は非常に重要ですが、住宅メーカーの関連会社が調査を行ったり、地盤補強工事を請け負ったりするケースが多くあります。適切な地盤補強を行うためには、調査結果や補強工事について、第3者の専門家の意見を聞くことが大切です。

もっと見る

液状化現象の条件と対策

作業員

発生するための4つの条件

地震などで起こる液状化現象には大きく4つの条件が揃うことで発生することがわかってきました。その4つとは、サラサラとした砂・緩い堆積・地下水、そして、地震動となります。つまり、このいずれかの条件を一つでも取り除いてしまえば、液状化現象の発生を大幅に食い止めることができ、液状化対策となるわけです。実際に、この液状化対策を取っているものとそうでないものでは、過去の災害から見てもその効果が顕著に現れています。もしも、地盤調査を行ってその結果液状化現象が起こりやすいと診断されたのならば、液状化対策を取ることが大切です。費用など気にする人もいますが、自治体によっては補助金を出してくれるところも少なくありません。

受注が増えたきっかけ

この液状化対策は、近年受注者が増えています。そのきっかけとなったのが、2011年の東日本大震災です。震源が東北の沿岸であったはずなのに、遠い関東地方にも大きな影響を与えたのが液状化現象なのです。改めて液状化現象の恐ろしさを目の当たりにした人々が、液状化対策の依頼をするようになりました。その対策は「建築物を建てる前でないとできない」と思い込んでいる人は少なくありません。その思い込みから最初から受注するのを諦めている人もいますが、実は建築物を建てた後でも液状化対策を取ることは十分に可能です。もしも、液状化現象に不安を感じているのならば、一度専門の業者に相談してみると心強い味方となってくれるはずです。

長く利用するために

ウォーター

井戸掘りは、工法により「打ち抜き井戸」「ボーリング井戸」「堀井戸」などがあります。ボーリング井戸は水脈が深くても対応できるなど、それぞれに特徴があります。井戸は災害時でも水を利用できるので便利ですが、業者によって得意とする工法や料金が異なるので、事前にしっかりと確認することが大切です。

もっと見る