井戸のメリット|補助金制度があるから安心|液状化対策をサポート

補助金制度があるから安心|液状化対策をサポート

井戸のメリット

井戸

災害時に使える井戸水

東日本大震災で大活躍したのが井戸です。水道が断裂したことで水道水が使えなくなってしまいます。水は飲料水だけでなく食事やトイレやお風呂まで、生活にかかせないものであるため、井戸水が確保できるのはとても重要です。ただし、断水だけでなく停電まで起こってしまうと、その井戸も手押しポンプなど手動で汲み上げることができるタイプに限ります。最近ではそのポンプは電動と手動両方できるタイプも発売されています。そのため、井戸工事をするならば、そのタイプのものを選ぶのも悪くありません。そうすることで、いざ大震災が起こったときも最低限の生活を確保することができるわけです。井戸工事をする場合は、このポンプ選びも災害などを考慮しながら選ぶのが良いです。

スペースは小さくて済む

その井戸工事というと大規模なものをイメージする人は少なくありません。それは昔の井戸が半径1mほどを垂直に掘り起こしていくものが一般的だったからです。しかし、今の井戸工事はそのような手法で行うことはまずありません。多くは細いパイプを使って掘り起こしていくのがほとんどです。そのため、一般家庭で使うような井戸ならば実にコンパクトなサイズです。スペースでいえばクーラーの室外機よりも小さくて済みます。「井戸を掘ると庭のスペースを取ってしまう」と思っている人も多いですが、ほとんどスペースは要りません。なぜこのような勘違いが多いかというと、最近の井戸を見てみると多くの人々がそれだと気付かないことが大きな要因だと言えます。