長く利用するために|補助金制度があるから安心|液状化対策をサポート

補助金制度があるから安心|液状化対策をサポート

長く利用するために

ウォーター

どのような工法があるのか

井戸掘りには、主に3種類の工法があります。「打ち抜き井戸」は掘削機などを使用せず、パイプを地中に打ち込んで行く工法です。パイプの先端に取り付けたストレーナー(こし器)から取水します。「ボーリング井戸」はボーリングマシン使用して地中に穴を開け、ケーシング(井戸パイプ)を挿入します。ボーリングには、ロータリー工法やダウンザホールハンマー工法などがあり、水脈が深くても対応できるのが特徴です。ダウンザホールハンマー工法は、井戸掘りの音が大きいというデメリットがありますが、工期は短くなります。この工法もパイプにストレーナーを取り付けて取水します。「堀井戸」は直径1から2m程度の穴を掘って行く工法です。穴の側面をコンクリート製の井戸ガワなどで補強します。井戸掘りは業者によって、実績のある工法や料金が異なります。そのため複数の業者から見積もりを取るなどして、よく確認してから依頼しましょう。

メンテナンスが大切

井戸掘りは、工事しただけでは水は使えません。使用を開始するには、水をくみ上げるポンプの設置が必要ですし、用途に応じてキッチンなどへの配管も必要になります。さらに定期的な水質検査や、井戸さらいなどのメンテナンスも重要です。また地域によっては、届出が必要な場合もあるので確認しましょう。個人でも水質検査キットを利用すれば、簡単な検査は可能です。ただし、飲用水に利用するのであれば、詳しい水質検査とともに、井戸水用の浄水器を利用したほうが安全です。井戸は災害時の停電などで、ポンプが使えない場合に備えておくと、非常に役立ちます。手押しポンプや自家発電機などを用意しておけば、万一の場合でも水が使用できるので安心です。